月は出ているか

ようこそ!漫画家、出月こーじの仕事や趣味をつづった小部屋です。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 来たね

  1. 2013/01/02(水) 20:31:39_
  2. 日常
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
来ましたね2013

色々ありましたが2012はアッという間に過ぎ去りました
今年は強く思うところあって、決意も新たに頑張るですよ!

去年爺さんが100越えで他界した我が家は
喪中なので年賀の挨拶状は控えていました
まぁ100越えなんで、逆にスゲーぜ! お祝いだ!
ってな感じで 喪中の雰囲気は俺には無いのだが
やっぱりそれはそれ 一応守るべき儀礼もあるんで・・・

ただ、何にも絵を描かずに年を越すのも物足りないので
2013をお迎えするイラストを描きました

2013kita-.jpg

やっぱこういうの描いてると楽しいね

今年も色々有るだろうが、ドリルで突破するくらいの
勢いで2013を突き進みたい

やるぜ!チクショウ!見てろよ~!!(何がだ?)


バカバカしくも真面目にサラバ

  1. 2012/12/02(日) 23:23:21_
  2. 日常
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
 親友の訃報は深夜にメールで届いた
しかし マナーモードにしていたため、気づいたのは翌朝

数日前からかなりマズイ状況になってきたので心配していたが・・・現実となる

これは人徳だろうが、彼が倒れてからとても多くの人が彼の復調を願い
もの凄い量の折り鶴や色紙、メール、ボイスメッセージが続々と届けられた

我が家も色々とやったが、中でも俺が重視したのがメールによる「ベホイミ」だ
「ベホイミ」とは超有名なRPGゲーム内で自分のキャラや仲間のキャラを癒す時に用いる
治癒の魔法呪文だ
最初は彼が読んで笑ってくれればと送ったものだが、そのうち彼がメールを読む状況にないと知り
真面目におまじないとして7月から毎日「ベホイミメール」を送った
効果の程を妄信していた訳ではないが、応援する気持ちは真面目なので
チリも積もれば現象は期待して送り続けた

ちなみに何故ベホイミなのか、ベホマにすべきだろ!との声も上がりそうだが
衰弱した身体に劇薬はキツイとの配慮だ。 ベホイミ位がいいのだ

そして送り続けた ただベホイミ~と送るだけでは漫画家としていかがなものかと
毎回彼の好きな特撮やアニメ、時代劇などを題材をパロり
最後はベホイミを送るという縛りでネタ修行のように送り続けた
10月に入ってからはさすがにネタがつき(必ずベホイミを送るでまとめるためキツイ)
替え歌に走ったり、普通文に逃げた事もあったが・・・送り続けた
一度だけベホマも送ったなぁ
お盆時のマジヤバな時に・・・ あんときはそれが効いたのか乗り切った
その頃から寝る前に家族で俺のまじないとは別に「元気玉」も作って毎日飛ばした

彼がメールも見れていないと知っても、まじないを止める気などは無かった
彼が読めなくても奥さんが見てくれれば伝えてくれる
それに奥さんへの励ましにもなる
だから続けた


そして・・・ 訃報は届いた20121202230928.jpg

訃報が届いた夜 通夜は二日後だ

俺はとうとうコレを送る日が来ないでくれと祈っていたまじないを送った
「ザオリク」復活の呪文である

重ねて言うが、呪文を唱えりゃ効果があるなんて妄信をしていた訳ではない
だが、ここまできたら押し通してやらぁ!ぐらいな気持ちだった
それに漫画家は普通の方々の100倍くらい奇跡を妄想する生きものだからな

それにアイツはそんなバカバカしいこっちのノリに答えてくれそうな奴だったんだ

さすがに復活はムリだった
アイツも「無茶言うな!!」と突っ込んでいただろうな

そして先週の土曜日にお別れに行った

火葬場にあんなに沢山の友人が押しかけるってのもあまりないんだろう
親族の2.5倍位はいたな


たまには夢に出て来いよ

挨拶に行く人が多すぎてか 俺んとこにはまだだぞ

ん!? 俺のアンテナがしょぼいからか?


ははは・・・確かにな 俺 霊感ゼロだもんな

まあいいや 夢には出て来なくても俺はお前を忘れん

さらばだ 親友よ。





親友へ

  1. 2012/11/27(火) 20:42:54_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:1
 友達とはありがたいもので、悲しみや苦しみは軽くしてくれるし
楽しみは倍化していくものだ・・・  
友は自分の人生の中で確実にその人の財産であろう

ましてや親友ならばどうか
いや、親友などと呼べる存在はそうそうできるものではない
ただ仲が良いというだけの存在ではないのだから

だから親友がいると胸を張って言えるひとは幸せだ


ありがたいことに自分の人生にも親友がいた 2人だ

一人は中学時代の学友で、そいつとは毎日ケンカばかりしていたが
あるとき「俺はコイツがいないとつまらないな」と思うようになった・・・
相手もそう思ってくれていたようで 俺たちは何でも話せる親友になった
いいやつだった・・・
たったの数年で俺を置いて逝っちまいやがったが、いいやつだった

もう一人は同業者のヘンな男で
突然出あった時にはすでにただならぬ感覚に陥った
価値観や好みは表面上違うのだが、根っこが似ているのだ
怒るポイント、喜ぶポイントが近い

この男にはとても影響を受けた

人懐こくて良く笑い 周りを常に気遣っていた 
調子も良かったが憎めないやつだった
うん・・・やはりいいやつだった
何十年か振りに親友と思えるやつがまたできたのだ

楽しかった

色んな事をやつとやった

怒ったり 笑ったり 同じ映画同じ場面で共に泣いたりしたな

懐かしい・・・
もっと色んな事を、もっと多くの時間をやつと共にしたかった

昨日 2人目の親友が他界した



マンガのように甦って俺を泣き笑いさせてはくれないものかな

なあ どうなんだ

お前は今どこにいるんだ
 







ありがとうロックマン

  1. 2012/11/01(木) 20:56:22_
  2. ロックマン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ロックマン25周年を祝う記念本に掲載されるイラストが
完成した~
発売前なので絵は載せられなくてゴメン
でも、なかなか良い絵に仕上がったと思うよ

そしてイラストの合間に我が家ネタまんが
「栗豆ごはん猫ぱっぱ」の7と8を描きました
コチラは嫁さんのブログしっぽふりふりで行こう」(←ココをクリック)で見てね

ロックマンと我が家マンガ

  1. 2012/10/17(水) 19:06:41_
  2. 日常
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
嬉しい連絡がありました

ロックマン25周年を記念した本が発行されるのですが、その本に
A3見開きのカラーイラストを依頼されました

久しぶりにまたロックマンが描ける! しかもカラーで!
頑張るぞ~  詳細はまた後日報告します。

それと、イラストのラフ画を急いで描くスキマに
我が家ネタ犬猫マンガ「栗豆ごはん猫ぱっぱ」第6話を
描きました 嫁のブログ(←ココをクリック)にて公開中
是非ご覧下さい

<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

出月こーじ

Author:出月こーじ
信念を持って行動をし 他人や自分をも幸せにするような
熱い主人公が活躍するヒーロー番組やマンガが大好きな
釣りとロボットとモンハンを愛する二児の父です

飛ばすな80くん格言集

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

QRコード

QR


▲PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。